ふじみ野市/富士見市の内科、循環器科、呼吸器科、胃腸科/CT

飯田医院

049-278-3788

〒356-0038 埼玉県ふじみ野市駒林元町2-1-37

診療内容
  • 内科
  • 循環器科
  • 外科
  • 呼吸器科
  • 胃腸科
可能な検査
動脈硬化検査を受けられた方へ
問診票(初診用)
問診票(発熱者用)
飯田歯科医院

医師の紹介

内科

内科

風邪をはじめとした一般的な内科診療を行っております。

内科で診察・診療する諸症状は悪化する前のご来院が大切です。

またインフルエンザ等の予防接種も行っております。

 

 

検査

簡易迅速検査
①血液検査:血算、CRP、血糖、PT-INR(ワーファリン服用中の方の検査)
②インフルエンザウイルス、溶連菌検査

循環器科

主に心臓、および血管等の循環器系の診察・治療を行う分野です。

循環器科で扱う病気の主な例

高血圧、低血圧、心不全、不整脈、狭心症、心筋梗塞、心筋疾患、心膜疾患、心臓腫瘍、肺性心疾患、弁膜症、先天性心疾患、大動脈疾患、心臓神経症

検査

標準12誘導心電図、心エコー検査、ホルター心電図検査、頸動脈エコー検査、
動脈硬化検査(血管年齢)

※火曜日、第2・第4土曜日の診療となります。

外科

縫合など小手術を行っています。

難症例は、提携しているイムス富士見総合病院、上福岡総合病院をご紹介いたします。

呼吸器科

呼吸器科

感染症疾患として風邪や肺炎、気管支炎、肺結核があります。

主に肺が関係する疾患・症状の診察・治療を行っております。

レントゲン、CTによる診断が可能です。

 

 

検査

レントゲン検査、CT検査、呼吸機能検査(肺活量など)、
簡易睡眠呼吸検査(睡眠時無呼吸症候群検査:CPAP治療も行っています)

COPD

COPDとは、いままで肺気腫、慢性気管支炎と言われていた二つの病気を、WHO(世界保健機関)のガイドラインに沿ってまとめて呼ぶようになった病気の名称です。
Chronic:慢性,Obstructive:閉塞性,Pulmonary:肺, Disease:疾患の頭文字からCOPDと呼ばれます。

COPDは、たばこ病とも呼ばれ、中年以降の喫煙歴のある人の約20%に発症しており、年齢が上がるほど発症頻度が高くなっています。

痰や咳が出る、風邪が治りにくい・・・喫煙者にはよくある症状から始まり、徐々に進行して息切れがひどくなり、やがて呼吸困難を起こすようになる怖い病気です。

 
COPDを放置すると他の病気にも・・・

COPDは症状が咳や痰などのありふれた症状ですので、見過ごされる、もしくは他の病気(風邪や喘息、心臓病)と診断されることも少なくないです。
ただそのまま放置すると、COPDの悪化だけでなく下記のような疾患と併存する可能性が高いというデータが出ております。

 
COPDは早期発見が決め手

COPDは初期の段階で病気を発見し、適切な治療を受ければ、肺胞の破壊が進行するのを食い止め、呼吸困難の進行と全身状態の悪化を軽くすることができます。
すこしでも肺に不安がある人は、一度肺機能検査を受ける必要があります。
下の図のように40歳以上の方は、急速に肺機能が衰える可能性が高いので、定期的な検査を受けることを推奨します。

 

高血圧と睡眠時無呼吸症候群
薬を飲んでも血圧が下がらない?

高血圧は一次性高血圧と二次性高血圧に分類されます。
一次性高血圧は「本態性高血圧」とも呼ばれます。
大きな要因として遺伝が関係していると考えられますが、その他の要因としては

等が考えられます。

また、二次性高血圧は高血圧となる原因が存在するものです。

原因として

等が上げられます。

二次性高血圧は高血圧全体の約1割と言われていますが、薬を飲んでも血圧が思うように下がらない場合は二次性高血圧の可能性があります。

二次性高血圧と睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠中に何回も呼吸が停止し、熟睡が出来ない病気で、テレビや雑誌等のメディアでも最近注目されています。

睡眠時無呼吸症候群は、本来では眠くならない大事な時間であっても強い眠気に襲われたり、居眠りしてしまうなど社会的に大きな損失を与える病気です。

睡眠時無呼吸症候群はさまざまな合併症を引き起こし、特に高血圧
は合併率が高く、日本人の高血圧患者のおよそ10%はSASを合併 しているという報告があります。 問題となる点は、SASと高血圧は単なる合併ではなくSASが二次 性高血圧の原因疾患のひとつということです。

SASを有する場合の高血圧

睡眠時無呼吸症候群の場合、夜間に呼吸が停止するために交感神経が常に活性化しているので
夜間の血圧値が高くなっていることがあります。
夜間の高血圧は早朝へ持続する傾向があり、起床後に血圧を測定した際の値が高い場合には睡
眠時無呼吸症候群の可能性があります。

どのような検査をするの?

まず簡単な問診を行い、睡眠呼吸障害の検査の必要性を認めた場合、簡易型検査装置によるスクリーニング検査を行います。この検査は、鼻口の呼吸、いびき、血液中の酸素濃度を記録し、無呼吸や低呼吸の状態を調べます。

もし睡眠時無呼吸だったら...

睡眠時無呼吸症が軽症の場合は、減量や生活習慣の改善で症状が改善することもあります。もし中等度以上の睡眠時無呼吸症の場合にはCPAPという治療装置を使って治療を行います。CPAPは睡眠中に無呼吸が起こらないようにする装置で睡眠の質を向上させ、夜間の高血圧を低下させる働きもあります。

胃腸科

消化管に関係する疾患の診療を行います。

検査

腹部超音波検査、
ピロリ菌検査(呼気中、便中、血液)